マンションリフォーム

マンション10階角部屋のフルリフォーム工事
9月末から解体をはじめ、ようやくスケルトン状態になりました
今日は墨から間仕切壁、配管の位置を確認しました
夫婦2人暮らしの「終の棲家」として再生します
12月末完成予定|野中町の家Ⅲ

外構・造園打合せ

引き渡し後 手つかずになっていた外構、造園工事の打合せを行いました
周囲からの視線、メンテナンス性、外壁デザインとのバランスなど意見交換しながら
ご家族に納得いただきよりよい方向にまとめることができました
全てが終わるのは10月後半になりそうです|今宿の家

お引き渡し

お引き渡しと同時に引っ越し
まだで手つかずの外構工事は9月中旬までかかりそうです
写真は2階木組あらわしの吹抜と飾りムロ柱
長期にわたる設計監理は一区切りを迎えました|今宿の家

外装仕上工事

8月末引き渡しに向けて急ピッチで現場は進行しています
外壁は杉板目板打ち墨色塗装と土色の左官塗壁のツートーンに仕上がります
8.1Kwのソーラーパネルを設置完了次第 足場を解体します|今宿の家

RC造→木造

鉄筋コンクリート造から木造に方向転換
河川沿いの敷地の課題を再認識させられました
そしてペースダウンして設計作業進行中
時間をかけてディテールやプロポーションを検討してみたいと思います

直方の家-Ⅱ

床下エアコン

今宿の家では初めての試みとして床下エアコンを導入します
べた基礎の内側からポリスチレンフォーム(断熱材)を貼り付け、床下全体を密閉状態にします。
今年の冬は省エネで暖かい新居での生活に期待が膨らみます。

床下エアコン

上棟

GW初日晴天になか無事棟上げすることができました
建築主様おめでとうございます 工事関係者の皆様お疲れさまでした
4寸柱、10寸角梁の木造建築の骨組みは思っていた以上に重量感があります

上棟

基礎工事中

南側に庭と公園が一体化した恵まれた環境に位置する住宅です
新しい試みとして床下エアコンを採用しているので
慎重に基礎工事を進める必要があります
連休前に上棟予定

基礎工事中

ゲストハウスの模型

3年前に完成した「直方の家」のご親族の事務所併用ゲストハウス
鉄筋コンクリート造の開放性を活かして
雁行させたコーナーガラスのリビングから望む遠賀川堤防越し福智山の風景を
いかに取り入れるかが腕の見せどころ
梅雨明けくらいに着工できるように進めてます

ゲストハウスの模型

地鎮祭

関東から福岡に移住を決めて4年
長きに渡る設計期間を終え今年7月完成に向け地鎮祭を行いました
太陽光発電、電気自動車、HEMS対応の
アフリカンテイスト溢れる最新のテクノロジーの二世帯住宅です

地鎮祭
地鎮祭