コンセプト
  • 「建築設計」の取り組み姿勢

    これまでの経験と技術力を生かしてクライアントの夢の実現に向けて、企画から運営、管理、全体から細部に至る総合的な設計力を発揮します。建築設計を通して社会を洞察し、歴史を鑑み、自然の普遍性を畏敬することで その場所、その地域にふさわしい美しい風景をつくります。

  • 「機能美」に裏付けされた建築デザイン

    建築、設備、インテリア、エクステリアをトータルに計画し、最良の提案を行います。先端技術の集積だけでは良い建築はつくれません。耐久性、安全性、省エネルギー性を兼ね備え、それらがもつ機能美に裏付けされた建築デザインを目指します。

  • 「環境」に対する考え方

    地方特有の気候風土によって生まれた伝統的民家は環境配慮の技術が形態に表れています。長い歴史で培われた先人たちの知恵と自然の力を生かした機能美に現代のエンジニアリングを駆使し、エネルギー消費を抑えた次世代に受け継がれる環境をデザインします。

  • □ 確かな品質を確保する「工事監理」

    建築工事において確かな品質を確保することはクライアントの要求であるばかりでなく建築家の使命です。ブラックボックスになりがちな品質とコストの透明性、適正性を確保するためクライアントの代理人として工事監理を行います。